医療食のバリエーション|宅配で届けられる糖尿病食のメリット|症状緩和へ

宅配で届けられる糖尿病食のメリット|症状緩和へ

男性

医療食のバリエーション

シニア男性

医療食には、介護食や流動食、嚥下食などがあります。これらの医療食は、食品店やドラッグストア、ネットショップなどで販売されています。商品の価格は、商品によって違いがありますが、それほど高額ではありません。 日本を代表する医療食のトップブランドとして、クリニコがあります。クリニコの医療食は、日本の大手乳業メーカーの病態栄養部門が製造しています。クリニコの医療食は、ネット通販でも購入することができます。 クリニコの医療食の価格は、1000円から5000円程度の価格帯が主流になっています。1000円以下で購入できる商品も数多くあります。クリニコは有名ブランドですので、医療食を取り扱っているショップのほとんどで販売されています。

日本では、介護食などの医療食は、医療施設の調理場や、各家庭で調理されていました。1970年代になるとレトルト食品が普及し、レトルトパックにした医療食が販売されるようになりました。 1976年になると、大手の乳業メーカーが100パーセント出資し、クリニコが誕生しました。クリニコは1997年から、介護食や嚥下リハビリ食、栄養補助食品の製造を開始しました。 その後、改良が加えられ、味覚や食感は大きく向上しました。2000年代になると、高齢化が進んだことにより、医療食の需要は増大しました。これらの医療食は、ネット通販でも販売されるようになり、とても手軽に購入できるようになりました。現在では、多種多様な医療食が販売されています。